大学病院で働くメリットとデメリット

大学病院で働くメリットとデメリット

大学病院で働くメリットとデメリット

大学病院で働いていると聞くと、なんだかすごいなと感じる方は多いでしょう。
大学病院は治療をするところといった面が前面に出ているため忘れられがちですが、教育機関といった一面もあります。
そのため医学生や医療従事者に対して指導することがけっこうあります。
それを面倒だと思う方にとってはデメリットになってしまいますが、人にものを教えたりすることが得意な方にとってはメリットになるでしょう。

 

また、とにかく人数が多いので常に大勢の人と接しての仕事になると思います。
人との付き合いが苦手だという人は苦痛を感じるかもしれません。
医師と看護師の線引きはしっかりしているので、自分の仕事に専念するといった面では大学病院はおすすめです。
そして意外かもしれませんが、休みは取りやすいです。
たくさんの人が働いているため交換で休みを取ることができるのです。
夜勤などもあり、患者さんの数も多いので仕事はハードですが給料面では待遇されています。
資格を取得したりスキルアップしたりするための支援が充実している病院も多く、日々上を目指して頑張りたいという方にはとても良い場所でしょう。
人の命を救う仕事なので責任感がある方でないときついと思いますが、やりがいのある仕事です。


ホーム RSS購読 サイトマップ