民間病院で働くメリットとデメリット

民間病院で働くメリットとデメリット

民間病院で働くメリットとデメリット

民間病院は小規模でやっている個人病院も多いですので、医師や看護師の数も少ない病院が多いと言えます。
1人がこなさなければならない仕事が多くなるという点はデメリットとも受け取ることができますが、厳しい環境で働くことによって公立病院や大学病院と比較してスキルが磨かれるメリットもあります。

 

大学病院や公立病院で働いている看護師の場合は、専門的知識については磨かれますが、実践的にテキパキと仕事をこなせないという欠点があるようです。
厳しい職場で技術を高めた後に、大学病院などに転職することを考えるのも良いかもしれません。
また、結婚や出産を経験したために前の職場を退職して、復帰するときに育児や家事と両立しながら働ける民間病院も多くありますので、その点もメリットと言えるでしょう。

 

デメリットはグループ内での取り組みや行事に参加しないといけないなど、通常の医療業務以外の活動に労力を使わなければならない点があります。
大学病院であれば専門的な知識を学ぶために教育システムが充実していますが、民間病院の場合はありません。
公立病院の場合は公務員の立場に当たりますので休みをきっちり取れたり、残業時間が少ないですが、民間病院では休みを取りにくかったり残業も多くなることも気になる点と言えるでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ