医師の平均年収はどのくらいなのか

医師の平均年収はどのくらいなのか

医師の平均年収はどのくらいなのか

医師と言っても、開業医と勤務医とでは、平均年収には大きな隔たりがあります。
開業医の平均年収は2500万円ほどであり、病院に勤務する勤務医の1479万円と比較すると、およそ1.7倍の収入があることになります。
但し、勤務医と開業医の収入を比較すること自体は、あまり意味のあることではありまえん。

 

同じ医師と言う職業であっても、勤務医と言う働き方の場合は、基本的にサラリーマンとなります。
つまり、月給制になっているわけです。
そして、給与の中から、税金や社会保険料等を引かれますから、手取りになると、年間で1479万円と言う平均値には届きません。
また、同じ勤務医であっても、私立病院に勤める場合と公立病院に勤める場合では異なり、私立の方が遥かに高い年収を得ています。

 

一方、開業医は、経営者としての立場にあります。
看護師や医療事務と言ったスタッフを雇わなければなりませんし、注射器やベッド、それにレントゲン撮影器と言った医療器材を購入し、維持しなければなりません。
勿論、病院を建てている土地や建物の税金なども支払って行かなければなりませんし、宣伝広告も行う必要があります。
そのため、2500万円という年収があったとしても、それを全て個人の所得として計上できるわけではないのです。
また、地域格差もあります。


ホーム RSS購読 サイトマップ