スポット勤務の特徴とメリットデメリット

スポット勤務の特徴とメリットデメリット

スポット勤務の特徴とメリットデメリット

最近、スポット勤務を希望する医師が増えていると言います。
スポット勤務というのは、短期間だけ勤務する仕事の形態のことを言います。
期間は数時間だけということもあれば、数日続くこともありますが、常勤やパートのように、決められた時間を継続して勤務することはなく、仕事があり、都合の良いときだけ仕事をするのが、このスポット勤務の特徴です。医師不足の病院が多く、それを補うためにスポット勤務の需要は少なくありません。
また逆に、スポットで働きたいという子育て中の女医なども多いので、お互いのニーズが合って、うまく成り立っているようです。

 

スポットで勤務するメリットは、やはり自分の都合に合わせて仕事ができることです。
子育てに忙しい女医の場合は、子どもが学校に行っている時間だけ働くということが可能ですし、時間に縛られることがありません。

 

デメリットは一回仕事が終わる度に、次の仕事を探さなければならないことです。
この負担を減らすために、自分で仕事を探すのではなく、医療関係の求人に特化した会社などに名前を登録しておき、仕事を紹介してもらうというサービスもあります。
仕事の依頼が入ったら、都合が良い場合だけ申し込めば良いので手間を省くことができます。


ホーム RSS購読 サイトマップ