医師の小児科への転職事情

医師の小児科への転職事情

医師の小児科への転職事情

医師は医学部卒業を経て国家試験をパスし、研修を経験してそれぞれの専門分野の医師としてデビューします。
しかし医師免許とは、専門分野でない分野の転職も比較的簡単にできてしまう万能性の高い国家資格なのです。
昨日まで眼科医として働いていても、明日から美容整形外科医として医師転職することも可能なのです。
しかし他の専門分野から小児科に医師転職するには、少々転職事情が違うのです。

 

小児科はその診察が大人を診察するのよりも非常に難しいとされているのです。
乳児を風邪であると診察しても、その晩には重篤化し乳児がショック死してしまうと言ったことも珍しくありません。
こうした小児科での診察は非常に経験とそのスキルが問われるものであり、どの医師もすぐに慣れて的確な診察が出来るとも限らないのです。
また患者が乳児や小児と言った非常に難しい年齢が対象であり、泣きわめいたり、ぐずったりする中、瞬時に顔色や扁桃腺を見て判断を下したり、触診するのにも非常に高度なテクニックとスキル、経験が必要になってくるのです。
診察自体が大人と違って難しい中、診察に誤りなく的確な対処を見出さなければならないのです。
小児科に医師転職する際は自分が適応できるのか、誤診のないよう的確な判断が下せるのかもう一度自問自答してみて医師転職をすることが大事と言えるでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ