医師の転職のタイミングはいつが良いのか

医師の転職のタイミングはいつが良いのか

医師の転職のタイミングはいつが良いのか

医師は平均して3〜4回の転職を経験する傾向があるようですが、どのタイミングで考えるのでしょうか?

 

最初は医局で研修医として勉強をしていきますが、経験を積むことで、一人前の医者になれたと確信するときが来ます。
その時に退局を考えるようになりますが、最初の転職のタイミングともなります。
具体的には、後期研修などのプログラムをひととおり終えた時や医学博士の称号を取った時、専門医の資格を取った時です。

 

しかし、医局をやめることは、サラリーマンが会社を辞めるよりも難しいのです。
なぜなら、医局は人数が多い方がいいため、辞められるのは教授にとって非常に困ることとなるからです。
退局しようと考えている医師は、長期戦を覚悟しなければいけません。

 

退局を切り出すのは、教授との面談の時に行われるようです。
この面談で、教授が医局員の現在の状況や希望を聞き、来年どこに派遣するかを決めるためです。
また、退局を申し出る場合は、転職先を決めてからのほうが良いです。
教授が妥協案を出してくる可能性があるからです。
せっかくの固い決意で退局を申し出るのですから、断固として受け入れないように頑張りましょう。

 

次の進路先を見つけてから退局するのがベストですが、実際問題勤務しながら個人で医療機関を探すのは難しいので、人材紹介会社などを積極的に利用しましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ